トロピカタネカ

種から育てる熱帯果樹/トロピカルフルーツの実生栽培記&育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

Artocarpus属(パンノキ属)の種リスト Artocarpus ~

Artocarpus属の特徴

  • 幹に直接果実がなる幹生果が多い。
  • 果皮の周りを棘状の突起が覆うものが多い。
  • 集合果である。
  • 1つの株に雌雄別々に花が咲く。
種小名 ローカル名和名
コメント
altilis Camansi,Bread fruitパンノキ
熱帯地方では主食にしている地域もある。果実に種子があるもの、種子がないものの2つの系統がある。
anisophyllus Keledang babi,Entawak,Mentawa
ほとんどが野生種。果肉は濃いオレンジ色で甘く、焼いたカボチャのような味がする。
blancoi フィリピン原産。絶滅の危険が高い危急種に指定されている。
camansi パンノキの祖先である種。原産はフィリピンやパプアニューギニア。
chama Chaplaish
野生種。乾季には落葉する。食用可能だが、木材としての価値の方が高い。
dadah 果実は鶏のタマゴ大。果肉は赤色で酸味がある。
elasticus Mendi,Bendo
ほぼ野生種。熟した果実はひどい悪臭を放つが、白い果肉は甘く香ばしい。乾季に落葉する。
gomezianus 東アジア原産。果実は小さく、生で食べると酸味が強いので、ジャムやゼリーなどにする。未熟果は漬物にしてごはんのお供に。
heterophyllus Nangkaジャックフルーツ
Artocarpus属で随一の知名度。他のArtocarpus属の台木にもよく利用される。
hirsutus Angily,Aini Maram
品種は果肉がオレンジ色のものが1つ、果肉が黄色で果実が大きいもの・小さいものの2つで計3品種を確認。
hypargyraeus Kwai Muk
果肉にはやや酸味があるが、柑橘系に似た香りがしておいしい。
integer Chempedakコパラミツ
果肉は黄金色。多汁で甘く、クリーミーな味わい。アイスクリームなどにも利用される。
kemando Pudau
口当たりの良いあっさりとした果肉。樹液はココナッツミルクのような風味で、料理に使われることがある。
lacucha Lakoocha,Monkey fruitラクチパンノキ
果肉はartocarpus属のなかでも独特な風味を持つ。やや酸味があるが爽快な味わい。
lanceifolius Keledang
果肉はオレンジ色。ジャックフルーツとマンゴスチン(バナナ)を混ぜたような味わいと形容される。
lignanensis 食用可能。薬として使われることがある。
mariannensis Chamorro,dugdug
濃い黄色の果肉は甘く香りがよく、味わい深い。かなり熟すと生で食べられる。
nanchuanensis 中国に生息。果皮は熟すとオレンジがかった黄色になる。
nitidus Butong
東アジア原産。食用可能だが味の評価は高くない。
nobilis Bedi del,Wadi del
スリランカ原産。果実・種ともに食用可。
odoratissimus Marang,Tarap,Terapニオイパンノキ,タラップ
果実は熟すと強烈でフルーティーな香りを発する。味の評価はジャックフルーツやチェンぺダックより高い。
ovatus anubingフィリピン原産。木に含まれる樹液は、ガムを作るときの原料になる。
rigidus Monkey Jack,Tempuni
果肉はオレンジ色で、多汁で甘い。artocarpus属の果実の中では、比較的酸味が強い。
rubrovenia フィリピン原産。絶滅のおそれがある
sarawakensis pinganピンガン
白く甘い果肉はペダライ(A.sericicarpus)と似た風味。artocarpus属の中で最もおいしい果実の1つ。
scortechinii Two Winged Artocarpus
マレーシア・インドネシア原産。樹皮の繊維は紐などに加工される。この木の樹液はwillughbeia属の樹液と混ぜて使われている。
sericicarpus Pedalai,Peluntanペダライ
artocarpus属の中で最もおいしいと言われる。タラップ(A.odoratissimus)に似た味。
tamaran Elephant jack
白い果肉は甘く、果実はグァバのような芳香を放つ。
teysmanii Chempedak AER
artocarpus属の中でも珍しい種。果実は5~8cmの細長い形状。甘い果肉。
tonkinensis 原産は中国・ベトナムなど。黄色で球形の果実は6,7cmほどの大きさ。樹液はチューイングガムの製造に使われることがある。
treculianus Chipuho
フィリピン原産。絶滅のおそれがある。果実はやや球形で、7~12cmほど。熟すと果皮表面に黒い斑点が出る。
heterophyllus
×
integer
CHEENA
ジャックフルーツとコパラミツの交配種
altilis
×
camansi
×
mariannensis
パンノキ(A.altilis)とA.camansiとA.mariannensisをかけ合わせた種。
s.p(Bondon) Bondon
果実の大きさは3~5cm。果皮は棘状で黄色がかった黄土色。果実にはオレンジ色の果肉が2,3粒含まれ、甘くバナナのような味わいである。

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ