トロピカタネカ

種からはじめる熱帯果樹の栽培記と熱帯果樹の育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

アボカド 図鑑と育て方

アボカドの葉と果実

原産地:熱帯アメリカ

クスノキ科 常緑高木:大きいもので30mを越す。

発芽難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆:常温で陳列されたアボカドから種を取ろう。
栽培難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆:生育旺盛で育てやすい。

栽培がいつごろ始まったか定かではないが、少なくとも5000年以上前から栽培されていた驚くべき果実である。 グアテマラ系・メキシコ系・アンティル系と大きくわけて三つの系統が存在し、日本には主にメキシコ系のハス種が輸入され 年中スーパーなどに並んでいる。

世界一栄養価の高い果実といわれ、脂肪分に由来するバターのような風味から「森のバター」と呼ばれる。またこの果実に含まれる15%以上・改良品種で約20%近い脂質の 8割が、リノール酸・オレイン酸などの血中コレステロールを上昇させる心配のない不飽和脂肪酸である。

日本に輸入されるものは、ほとんどが未完熟である。果実を指で軽く押した時に固さを感じる場合は、20~25度の室温で柔らくなるまで追熟させるとおいしく食べられる。 熱帯性の植物にしては寒さにもよく耐えるので、日本でも静岡県や和歌山県で栽培されている。

育て方

土壌:酸性で水はけの良いもの。例:赤玉小粒8:腐葉土2など

水やり:夏場は乾燥しやすいのでこまめに水やりをする。温度が下がってきたら水やりは控えめに。

日光:室内などで水耕栽培した後、鉢植えに切り替え室外にだすときは徐々に光にならし急に直射日光に当てない。

☆種まき☆

水耕栽培の場合※詳しくはアボカドの水耕栽培に挑戦しよう!!をご覧ください。

  1. 種のまわりについた実は水を腐らせる原因になるので、うすめた中性洗剤などでしっかりと洗い落とす。
  2. 種の上下はとがった方を上(芽が出る方)として、真ん中より上側につまようじを3・4本ぐるっと1周等間隔にさす。
  3. つまようじを支えとしてプリンの容器などに種が1/3ほど水につかるように水を調整して入れる。
  4. 雑菌が繁殖しやすいためできるだけ毎日水を変えて、容器や種のヌルヌルも洗い落とす。
  5. 暖かい場所(20度くらい)で管理。

最初から鉢植えの場合

  1. 種のまわりについた実を、うすめた中性洗剤などでしっかりと洗い落とす。
  2. 清潔な土に、種が半分くらい顔を出すように植える。
  3. 暖かい場所(20度くらい)で表土が乾燥しないように管理。

※そのほか注意点ナド※

  • 根が弱いので、植え替え・移動する時は傷つけないように気を付ける。
  • 水耕栽培の場合、1か月ほどで発芽。そのあと鉢植えに切り替える。
  • 実生から4~6年で結実する。
  • 東京より西では露地植え(屋外で)栽培も可能だが、幼苗のうちは5度以上で室内管理したほうが良い。
  • 発芽の可能性を上げるために、常温で売られているアボカドを選びしっかり追熟させてから、食べたその日に種をまこう。
  • 品種によって雄花・雌花の開花する時間帯が異なる。これはAタイプ・Bタイプの2つの開花タイプに分けられる。結実を確実にしたい場合には、AタイプとBタイプ両方の品種をそろえる必要がある。

種からはじめるアボカド栽培記

01.種からはじめるアボカド(2016/05/15~12/17)

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ