トロピカタネカ

種からはじめる熱帯果樹の栽培記と熱帯果樹の育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

クァイムゥク Artocarpus hypargyraeus 図鑑と育て方

ヒパギラエウスの果実

原産地:中国南部

クワ科 常緑中高木:樹高6~15m

発芽難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆:発芽自体は容易。
栽培難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆:乾燥と低温に弱い。

暖かい地方でよく育つ。葉には艶があり、あまり大きくならないことから観賞用としても用いられる。剪定なしでもコンパクトに育つため地方の街路樹に利用される。 葉・茎・果皮・樹皮には白い粘性の樹液が豊富に含まれ、切り目から出てくる。

プラム大の小さな果実はオレンジがかった肌色をしている。果皮は毛羽立っており、果肉はやや酸味があるが、シトラス系の良い味がする。 アジアの一部ではポピュラーな果実である。生で食べたり、シロップ浸けやドライフルーツにして食べられる。

現地では3月から6月に雄花・雌花が同じ木に咲いた後、果実が晩夏から初秋にかけて熟す。種なしが発生することもよくあるため種の数は0から7個とバラバラ。

育て方

土壌:排水性の良い肥沃な土。例:赤玉小粒7:腐葉土3など

水やり:表土がかわいたらたっぷりと。根は乾燥に弱く、葉が大きいため蒸散量が多く土が乾きやすい。よって夏場は特に注意。

日光:基本的に日なたを好む。幼苗時はやや遮光して育て、徐々に光量を増やしていく。夏場は成木でも葉などの状態をよく確認して、遮光するか、しないかを判断する。

☆種まき☆

  1. 清潔な土に種をまき、浅く土をかぶせる。(熟した果実からとった種をできるだけ早くまく)
  2. 水をたっぷりやり、暖かい場所(20度~)に置いておく。

※そのほか注意点ナド※

  • 生長はゆっくり。結実年数:4年~14年
  • 鉢の深さは深いほど良い。
  • 成木なら-3.3度まで耐える。ジャックフルーツやパンノキほど寒さに弱いわけでなく、軽い霜にも耐える。
  • 樹は丈夫で、目立った病気もない。
  • 枯れ木などを取り除く以外に、剪定の必要性は低い。

種からはじめるクァイムゥク栽培記

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ