トロピカタネカ

種から育てる熱帯果樹/トロピカルフルーツの実生栽培記&育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

アテモヤ 図鑑と育て方

アテモヤの果樹

原産地:アメリカまたはオーストラリア

バンレイシ科 落葉低木:樹高3~5m

発芽難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆:発芽までに時間がかかることがある。
栽培難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆:真夏の暑さに弱い。

アテモヤはバンレイシ(ブラジルではアテスと呼ぶ)とチェリモヤの自然交雑で新たに生まれた植物。 栽培が開始されたのは19世紀後半で約120年の歴史しかない。熱帯果樹は歴史あるものが多いが、アテモヤはまだまだ新入りといった感じ。 日本へは平成になってからの導入で、知名度が低い。現在では沖縄をはじめ鹿児島・小笠原諸島で栽培されている。

バンレイシより甘みが少ないが、糖度が20%以上あるため甘みが目立つ。程よい酸味と甘みで、パイナップルのような風味があり、非常に美味な果実。 果肉は白くクリーム状で、バニラのような芳香から「森のアイスクリーム」と呼ばれる。バンレイシの性質を受け継いだのか、 チェリモヤにくらべ暑さにやや強く、寒さに弱い。

育て方

土壌:水はけの良いもの。例:赤玉小粒6:川砂3:腐葉土1など(最適pH6.0~6.5)

水やり:表土が乾いたらたっぷりと。夏場は水切れをおこしやすいので注意。冬は控え目で、用土が完全に乾かないようにする。

日光:日当たりの良い場所。発芽直後は半日陰で。

☆種まき☆

  1. 熱帯性の植物は種のまわり(果肉)に発芽を抑制する物質が含まれていることが多いので、果肉はしっかり水で洗い流して取り除く。
  2. 水に一晩つける。※このとき種皮を、やすりや爪切りで傷つけると発芽しやすくなる。
  3. 種を用土にまき、浅く覆土する。その後じょうろなどでたっぷり水をやる。
  4. 発芽までは土を乾かさないように。※過湿状態でも種が腐りやすくなるので注意。

※そのほか注意点ナド※

種から始めるアテモヤ栽培記

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ