トロピカタネカ

種からはじめる熱帯果樹の栽培記と熱帯果樹の育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

ニオイパンノキ Artocarpus odoratissimus 図鑑と育て方

マランの果実

原産地:東南アジア

クワ科 熱帯性常緑高木:樹高25m。直幹性。

発芽難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆:発芽自体は容易。
栽培難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆:乾燥と低温に弱い。

Artocarpus属ではジャックフルーツ、パンノキに続いて有名な果実。ボルネオ島に行った日本人観光客からは、その見た目からよくタワシみたいと言われている。 円形の果実は10~20cmほどで生で食べられる。 種はゆでたり、炒ったりして食べることができ、ナッツのような香りがする。未熟な果実は、野菜としてカレーなどに用いられる。

果実は熟すとニオイパンノキの名の通り、突き刺すような強烈でフルーティーな香りを放つ。果肉はジャックフルーツのような風味をもつが、ジャックフルーツやチェンぺダックよりも評価が高い。 甘くて多汁で可食部も多く、以外にあっさりとした味でぱくぱくと食べられる。 黄緑色の果皮には、周りを覆う棘状の突起が生えている。果皮は固いが脆く、食べるときには簡単に割ることができる。

樹液は傷の炎症をいやすとされる。大きく長い葉は屋根ふき材や、長屋のしきりとしての役割も果たす。

育て方

土壌:排水性の良い肥沃な土。例:赤玉小粒7:腐葉土3など

水やり:表土がかわいたらたっぷりと。根は乾燥に弱く、葉が大きいため蒸散量が多く土が乾きやすい。よって夏場は特に注意。

日光:基本的に日なたを好む。幼苗時はやや遮光して育て、徐々に光量を増やしていく。夏場は成木でも葉などの状態をよく確認して、遮光するか、しないかを判断する。

☆種まき☆

  1. 清潔な土に種をまき、浅く土をかぶせる。(熟した果実からとった種をできるだけ早くまく)
  2. 水をたっぷりやり、暖かい場所(24度~27度)に置いておく。

※そのほか注意点ナド※

  • 実生からでも早く生長する。
  • 種から結実まで早くて3、4年。
  • 鉢の深さは深いほど良い。
  • 冬場は霜をさけ、7度以下にならないように管理。欲を言えば15度以上欲しい。
  • 冬も周りの気温に合わせて、水をやる。根腐れに注意。

(図鑑画像元): Photo credit: Green Baron Pro via Foter.com / CC BY-NC

種からはじめるニオイパンノキ栽培記

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ