トロピカタネカ

種から育てる熱帯果樹/トロピカルフルーツの実生栽培記&育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

タラップ栽培記01:種から育てるタラップ

タラップはボルネオ島ではメジャーなフルーツ。甘くジューシーで意外とさっぱりした味わいであるので何粒でもパクパクいけちゃいます。 今回はそんなタラップの実生に挑戦していきます。

タラップの種:5円大きさ比較

(2016/08/09)まずは種と5円玉の比較です。ご確認ください。 タネは同じ属のものと比較すると、やや細長いのが特徴。すでに芽がでかかっているものもあります。長旅お疲れ様です。

発芽1

(2016/08/19)そして10日ほどで発芽を確認。最初はかなり小さくフワフワとしていてかわいらしい見た目です。

発芽2

(2016/08/20)翌日。二股に分岐しました。発芽初期は変化が著しく、見ていて飽きませんね。

発芽3

(2016/08/21)さらに翌日。先端がやや変化して、カニのハサミのような姿に。先端が色づいてきたなと思っていたら・・・

芽の先端が黒ずんでしまった個体

(2016/08/27)黒ずんでいる!?この個体は死に向かっているようです。現地から手元に種が届くまでにどうしても7日~10日かかってしまうので、 タラップのようなArtocarpus属のなかでも小さい種をもつ種(しゅ)やカカオの仲間の種は発芽しにくい傾向にあります。

芽の先端が枯れてしまった個体

さらに先端が枯れた個体や

正常に発芽し、根元から脇芽も生やす個体

健やかに育ち、根元から脇芽を生やす個体など、さまざまな発芽を見せてくれています。

発芽から10日後の様子2枚の葉が開く

(2016/08/30)発芽から10日後の姿。濃い緑色の健康的な葉をつけています。タラップはArtocarpus属のなかでも発芽初期から、比較的大きな葉をつけるようです。

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ