トロピカタネカ

種から育てる熱帯果樹/トロピカルフルーツの実生栽培記&育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

Baccaurea papuana 図鑑と育て方

B.papiana画像掲載予定

原産地:ニューギニアからビスマルク諸島

コミカンソウ科 熱帯性常緑樹:樹高3~15m

発芽難易度:★★☆☆☆☆☆☆☆☆:種が新鮮なら発芽は非常に簡単。
栽培難易度:★★★★★☆☆☆☆☆:若いうちは、土が乾燥するとすぐしおれる。

野生種。現地ではラテライト(赤土)や粘土状の土壌を多く含む地で生育している。果実は熟すと緑から赤みがかった紫色になる。また直径4cmほどで、球形よりも細い梨の形に近い。 果肉は未熟では白色。熟すと黄色みががる。食感はざらざらとしていて、すっきりとする風味。

育て方

土壌:赤玉主体の土。例:赤玉小粒7:腐葉土3など

水やり:表土が完全に乾く前に水をやる。

日光:木が若いうちは、通常は25~50%遮光する。しっかりしてきたら、よく日にあてて生長させる。

☆種まき☆

  1. 清潔な土に種をまき、浅く土をかぶせる。(熟した果実からとった種をできるだけ早くまく)
  2. 水をたっぷりやり、20度以上の暖かい場所に置いておく。

※そのほか注意点ナド※

  • 雌雄異株なので、果実をならせたい場合は雄株・雌株の両方が必要。
  • 種は保存不可。とってすぐにまくのが良い。
  • 数日でかんたんに発芽する。
  • 発芽すると種皮が持ち上がってくるが、湿度が低いと簡単には種皮を脱がないので、手で種皮をとってあげるか・霧吹きなどで常時種皮が濡れている状態にして脱げやすい環境をつくることが重要。
  • 種皮が早くとれないと、芽と一緒にポロッと落ちてしまい、棒苗状態になることがある。棒苗が緑色で健康そうな場合は、芽が新たに生えてくることもあるので捨ててしまわないこと。
  • 冬は15度以上を維持したい。
  • 1年中開花・結実している。

Photo credit: Cerlin Ng

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ