トロピカタネカ

種から育てる熱帯果樹/トロピカルフルーツの実生栽培記&育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

エンタワ Artocarpus anisophyllus 図鑑と育て方

アニソフィルスのの果実

原産地:ボルネオ島、スマトラ島、フィリピンなど

クワ科 熱帯性常緑高木:樹高平均30m、最長40m以上。直幹性。

発芽難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆:発芽自体は容易。
栽培難易度:★★★★☆☆☆☆☆☆:乾燥と低温に弱い。

果実はやや球形で11cmほどの長さ、直径8cmほど。黄緑色から黄土色の果皮の周りは、ドリアンのように棘状の突起で覆われている。 果肉は濃いオレンジ色をしており、焼いたカボチャのような風味で甘くておいしい。 原産地ではポピュラーな果実であるが、栽培はほとんどされず、野生から果実を得ることが多い。種も食用可能で炒った後、塩を振りかけて食べる。

葉は解熱材として利用されたり、ココナッツオイルと混ぜて熱を通したものを、かゆみ止めの塗り薬として使用する。 樹皮は背負子などのひもとして用いられる。 目の粗い木は、かなり重く固いが、柔軟なので加工しやすく耐久性に優れる。また抗菌性や防虫性があり、建材・家具・ボートなどに利用される。

育て方

土壌:排水性の良い肥沃な土。例:赤玉小粒7:腐葉土3など

水やり:表土がかわいたらたっぷりと。根は乾燥に弱く、葉が大きいため蒸散量が多く土が乾きやすい。よって夏場は特に注意。

日光:基本的に日なたを好む。幼苗時はやや遮光して育て、徐々に光量を増やしていく。夏場は成木でも葉などの状態をよく確認して、遮光するか、しないかを判断する。

☆種まき☆

  1. 清潔な土に種をまき、浅く土をかぶせる。(熟した果実からとった種をできるだけ早くまく)
  2. 水をたっぷりやり、暖かい場所(24度~27度)に置いておく。

※そのほか注意点ナド※

  • 発芽までに1か月ほどかかる。場合によっては3か月。
  • 鉢の深さは深いほど良い。
  • 冬場は10度以下にならないように管理。欲を言えば15度以上欲しい。21度以上で快適に生長。
  • 冬も周りの気温に合わせて、水をやる。根腐れに注意。
  • 実生から結実まで8年以上かかる。
  • 繁殖は実生や接ぎ木、挿し木、取り木、根切りなどによって行われる

種からはじめるエンタワ栽培記

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ