トロピカタネカ

種からはじめる熱帯果樹の栽培記と熱帯果樹の育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

ギュウシンリ 図鑑と育て方

ギュウシンリの果実

原産地:熱帯アメリカおよび西インド諸島

バンレイシ科 常緑低木:樹高6~10m

発芽難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆:発芽に時間がかかる。
栽培難易度:★★★☆☆☆☆☆☆☆:バンレイシ科の中では育てやすい。

果実の色がピンク色~濃い赤色まであり、ハートのような形をしていて牛の心臓のように見えることから牛心梨(Bullock's heart)と呼ばれる。 果肉には種子が100ほど含まれており、さらに果肉と離れにくいため実が食べにくい。果肉には梨のような石細胞が含まれるため、 少しザラザラとした食感で洋ナシにも似ている。

チェリモヤと比べると甘みが弱く、食味が劣るとされている。砂糖漬けやジュースとして利用される。 果実の赤い見た目から観賞用として扱われることが多いが、アテモヤをはじめとしたバンレイシ科の台木として用いられる。

育て方

土壌:水はけの良い肥沃な土。。例:赤玉小粒7:腐葉土3など

水やり:表土が乾いたらたっぷりと。冬は控えめで。

日光:日当たりの良い場所。

☆種まき☆

  1. 熱帯性の植物は種のまわり(果肉)に発芽を抑制する物質が含まれていることが多いので、果肉はしっかり水で洗い流して取り除く。
  2. 水に一晩つける。※このとき種皮を、やすりや爪切りで傷つけると発芽しやすくなる。
  3. 用土に種をまき、軽く覆土する。
  4. 水をたっぷりやり、陽のあたる暖かい場所(25度以上)に置いておく。

※そのほか注意点ナド※

  • 1~2か月で発芽。数か月以上かかることもある。
  • 冬は10度以上で管理。
  • 順調に生長すれば実生から3~4年で結実する。
  • 他のバンレイシ科のものよりも水を好む傾向にある。

種からはじめるギュウシンリ栽培記

ギュウシンリの種01.種からはじめるギュウシンリ(2015/07/10~08/14)

ギュウシンリの葉02.充実する(~2015/10/27)

完全に落葉した様子03.落葉からの(~2016/07/09)

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ