トロピカタネカ

種から育てる熱帯果樹/トロピカルフルーツの実生栽培記&育て方図鑑

ミリスティカ ドゥリオ ドゥギエティア バッカウレア ガルシニア ドゥギエティア Mosannona ドゥリオ

ピスタチオナッツ 図鑑と育て方

ピスタチオの核果

原産地:中央アジア

ウルシ科 落葉中高木:樹高7~10m

発芽難易度:★★★★★★☆☆☆☆:種がとても腐りやすい。乾燥した気候が重要。
栽培難易度:★★★★★☆☆☆☆☆:日本の気候では育てにくい。

乾燥地帯で多く栽培され、アメリカ・イタリアをはじめトルコ・アフガニスタン・シリア・イランなど さまざまな国で栽培されている。日本の気候には適さないため、日本での経済栽培はないといっても良い。

果実は熟すと自然に割れ、中のナッツが確認できるようになる。ナッツは黄色から緑色のものまであり、なかでも濃い緑色をしたものは ピスタチオグリーンと呼ばれ、高品質だとされている。炒って塩をふりおつまみとして食べるほか、アイスクリームやケーキなど菓子の原料や香料に利用される。

マンゴーやカシューナッツなどウルシ科の果樹はほとんどが熱帯原産だが、ピスタチオは温帯原産でやや寒さに強い。

育て方

土壌:水はけの良い土。例:赤玉小粒7:川砂3または赤玉土単体など

水やり:幼苗のうちは根を過湿状態にしないよう、霧吹きなどで水やりをして乾燥気味に管理する。

日光:日あたりの良い場所。

☆種まき☆

  1. 室温に置いた20度以上の水にピスタチオを1日~2日浸す。
  2. 湿った新聞紙や湿ったキッチンペーパーで包んで、密封できる袋に入れ冷蔵庫で1~2か月保存。
  3. 冷蔵庫から取り出した後、袋からとりだしペーパー(新聞紙)に包まれた状態室温で放置。※ペーパーは霧吹きなどで常時適度に湿らせておく。
  4. 種を1日おきに確認し、根や芽が確認できたら土に植える。

※そのほか注意点ナド※

  • 実生で8~10年ほどで結実する。
  • 雌雄異株。
  • 温帯原産のため-10度まで耐え、北海道以外は室外で栽培可能。
  • 梅雨時は土の過湿に気をつける。軒下などに避難させた方がいいかもしれない。
  • もともと乾燥地域や地中海性気候で育つので、日本での栽培は難しい。

種から始めるピスタチオナッツ栽培記

↑ページの先頭に戻る

コラム・小ネタ

>>>>>>コラム一覧へ